スポンサーサイト

  • 2016.04.10 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    多文化共生フォーラムにて。

    • 2016.02.15 Monday
    • 08:36
    土曜日に行われた「多文化共生フォーラム」!
    とても楽しい1日で、改めて逗子が好きだなぁと。
    企画や運営に動いてくださったみなさま、本当にお疲れ様でした!
    こんな機会をいただき、ありがとうございました!



    はぎれのねじねじロープワークショップはボランティアさんたちが見事に全員ハマり、
    仕事の合間は常にねじねじしていました。(笑)

    その色彩の組み合わせの面白さと、
    はぎれをゴミにせず新しく何かを生み出す喜び、
    手を動かし続けながらお喋りする女性の本能的な行動を堪能し、
    そしてアフリカのママ作のお花を購入し組み合わせて使うことでお金も循環しちゃうという、
    もう一石何鳥なのか?
    わかりません!とにかくいいことだらけ!
    また機会があったらやります。このワークショップ楽しすぎる。

    年齢的に難しいかな?と思っていた未就学児も、ちょっとコツを教えてあげれば、すぐに飲み込んでガンガン作業が進んでいてびっくり。作りたいという意志ってスゴイわ。子供の能力の高さ。なめてた!ごめんなさい!

    お手伝いの女子高生は16歳。
    みんないい子達でしたが、その中の1人がとにかく手作業が好きみたいで。
    「こんなに集中して何かを続けられるってスゴイ。作るの楽しい!勉強は全然やる気出ないけどこういう作業ならずっとやっていたい。ここのボランティアに入って良かった!」って言ってくれた。

    ここでの体験が、将来やりたいことを選ぶ際の材料のひとつにでもなってくれたらいいなと思います。
    勉強だけがすべてじゃない。こうやって楽しみながら何かを伝えようとしている大人たちはたくさんいるよ。
    こんな風に大人達と関われる場所って、学生にはそうそうないだろうから。



    作業してる横では絵本の読み聞かせが行われていました。
    韓国人の陣さんのあたたかい声。韓国語と日本語で、韓国のお話を聞けるなんてめったにない体験。
    昨年Mama Africa の展示会の際もお願いした、りっかちゃんの「アフリカの音」に合わせた歌やリズム。
    また、2人のコラボレーション、日本語と韓国語で感じる「イルカの星」。
    聞き手達を巻き込んで輪を作る技にのせられ、とてもやさしい時間がずっと流れていました。

    この地球上にはいろんな人種が、言語が、文化が、習慣が、信仰が、存在します。
    「違う」ということを受け入れるのがなかなか難しい私たち人間。
    でも「違う」面白さから学ぶことは山ほどあります。
    私自身、留学したり、海外でしごとをしたり、生活したり、旅をしたり、
    また日本で暮らす様々なバックグラウンドを持つ人とふれあうことで、
    物事を見る尺度、視野に広がりが生まれたし、自分自身、楽に生きれるようになったと思っています。

    そういう思いをシェアし、行動にうつしていける人たちがたくさん暮らす、逗子!
    ここにいられることがほんとにラッキー。ありがとう!
    Check

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << September 2016 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM